×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。










ファンブック
考察・攻略本
原作の
小説化
原作の
コミック化
コンシューマ
コミック化
オリジナル
(小説)
オリジナル
(コミック)
アンソロジー
(小説)
アンソロジー
(コミック)

「ひぐらしのなく頃に」の小説


 原作者監修による「ひぐらしのなく頃に」オリジナル作品をここでご紹介。
 「ひぐらしのなく頃に」のキャラや世界設定を用いて、小説作者さんの自由な発想で展開される作品です。
 商品紹介のリンクは、特に記述がなければAmazonへのリンクです。

 ※ 原作を小説化したものは「原作の小説化」、
   原作者監修つきで製作・発表された関連作品は「オリジナル」、
   二次創作で、出版時に原作者の許諾を得たアンソロジー(作品集)は「アンソロジー」と分類しています。
▲「うみねこのなく頃に」のオリジナル作品  

■「07th Expnsion」監修によるオリジナル作品
 「〜ときめき鬼隠し編〜」「〜とどろき祭囃し編〜」(作:御門 智さん)が2011年1月発売。
「ひぐらし。」
 著:御門 智、
 挿画:南向春風、かたのん、まことじ、松下ゆう、Pマン、春原ロビンソン、
     茶麻(2巻のみ)、ラマーズP(2巻のみ)
 原作:竜騎士07/07th Expansion
 なごみ文庫(ハーヴェスト出版) 版型:文庫版
 vol.1 2009/ 6/24発売 978-4-434-13199-8 
 vol.2 2009/10/10発売 978-4-434-13200-1 

「ひぐらしのなく頃に 〜ほのぼの罪滅し編〜」
 著:御門 智
 挿画:かたのん
 原作:竜騎士07/07th Expansion
 なごみ文庫(ハーヴェスト出版) 版型:文庫版
 2010/2/24→4/1発売 978-4-434-14139-3 

「○コ○コ動画」で話題になったひぐらし罪滅し編の
 ゆる〜くかつ過激でKOOLなパロディが小説になって登場!

「ひぐらしのなく頃に 〜ときめき鬼隠し編〜」
 著:御門 智
 挿画:こもわた遥華、高野うい、かたのん、輝月ともる
 原作:竜騎士07/07th Expansion
 なごみ文庫(ハーヴェスト出版) 版型:文庫版
 2011/1/10発売 978-4-434-15194-1 

 『ときめき鬼隠し編』
 『なぜなに綿流し編』
 『わんわん祟殺し編』
 『ぷるぷる暇潰し編』

「〜ほのぼの罪滅し編〜」の世界観で展開される、ゆるーく過激な新しい物語。
「〜とどろき祭囃し編〜」と前後編になっている前編です。
新しいルールで展開される新たな「カケラ」の世界に、部活メンバーが挑む!

「ひぐらしのなく頃に 〜とどろき祭囃し編〜」
 著:御門 智
 挿画:こもわた遥華、高野うい、かたのん、輝月ともる
 原作:竜騎士07/07th Expansion
 なごみ文庫(ハーヴェスト出版) 版型:文庫版
 2011/1/10発売 978-4-434-15195-8 

 『ぐるぐる目明し編』
 『どきどき皆殺し編』
 『とどろき祭囃し編』
 『ざわざわ賽殺し編』

「〜ほのぼの罪滅し編〜」の世界観で展開される、ゆるーく過激な新しい物語。
「〜ときめき鬼隠し編〜」に対する後編になっています。
新たな「カケラ」世界の秘密とは・・・?

▲ページ先頭へ戻る